読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマトタケル×ニギハヤヒ×

 

 

 

f:id:nowherenobody:20170325123025j:plain

 

マンディンカ族の戦士の仮面。
今日、マンディンカ族のほぼ100%はイスラム教徒である。
しかしながら、特に農村部では多くのアニミズム信仰が残り、
融合している。
マンディンカ族の伝統分化は、...
歌と踊りを伴う口承によって伝えられてきた。
欧米の奴隷貿易によってマンディンカ族の三分の一は新大陸に連れて行かれた。
今日ではこれらのマスクは欧米へ移り住んだ子孫たちが自分たちのルーツである地を訪れる、帰郷を祝う催しで用いられる。

うーーーーーーーん
なんかこのマスク細かった頃の私に似ている、、、、

宝貝もついてるし。

 

f:id:nowherenobody:20170325123125j:plain

 

マンディング音楽(マリ、ギニアの音楽)

 マンディング音楽(Mandingue)は、マンデ音楽やマンデ・ポップとも言われ、西アフリカのマリやギニアなどのマンディング(マンデ)と呼ばれる文化圏で発展した現代のポップ・ミュージックです。

 フランス領からの1958年のギニア独立、1960年のマリ独立後に、「グリオ」と呼ばれる世襲制の家族や社会階級出身の人たちが作り上げていった音楽であるのも大きな特徴です。

 マンディングの人たちはその昔、文字を持たなかった代わりに、グリオたちが口頭伝承でその歴史や文化、音楽などを伝達し、民族が生活する上で重要な役割を果たしてきたと言われています。

 彼らと共に代々受け継がれてきた、4弦小型ギターのンゴニや21弦ハープのコラ、木琴のバラフォンといった伝統楽器を使った音楽や歌に、現代的なポップスの音楽性を加えたものが、マンデ・ポップと呼ばれるようになったみたいです。

 サリフ・ケイタやモリ・カンテといった現在のアフリカ音楽を代表する人たちは、このマンディング(マンデ)と呼ばれる文化圏出身のミュージシャンです。

 

 アレックス・ヘイリーの「ROOTS」という小説に出てくる

アフリカのマンディンカ族の語り部が数百年にわたる一族の歴史を歌にして

暗記して伝承している。

 

 ルーペ・フィアスコ

ルーペ・フィアスコ - Wikipedia

 Wasalu Muhammad Jaco

 

 

f:id:nowherenobody:20170316230404j:plain

 

最近はお仕事優先で、
あまり調べごとをしていないからなのか
夢を見させられた


”3人”

”私” を含む ...
”3人”

 

((( 決意の表れとして頭を丸めた )))
、、、と言う声が聞こえる。

生きたまま埋められるのだ。

 

たぶんあれは
”私”

 

生きたまま埋められる悔しさで
”私” は奥歯を噛み締めて涙を流している

 

それを夢の中で見ている、
”私” も涙を流している

 

眠っていて夢を見ている
 ”私” も
涙を流していた。

 

あれはあれだ。

 

人柱ではなく

従者で古墳に生きたまま埋められるやつだ。

 

 

 

 

 

 

この夢で誰かを探せそう。。。

 

 

 

 

 

f:id:nowherenobody:20170316230346j:plain

 

 

倭建命は白い千鳥となって伊勢国から飛び立ち、

河内国の志幾(しき)に留まったので、

その地に陵を造り「白鳥御陵(しらとりのみささぎ)」と称したという 

  

 

 

ヤマトタケルは元より実在する人物ではなく、

日本書紀』や『古事記』の伝える伝説は各地の伝承を1人の人格にまとめたものとされるが[12]、

ヤマトタケル伝説の創出に伴ってその墓も創出されたものと見られている[6]。

確かな史料の上では、

持統天皇5年(691年)[原 5]において有功の王の墓には3戸の守衛戸を設けるとする詔が見えることから、

この頃に『日本書紀』・『古事記』の編纂と並行して、

帝紀』や『旧辞』に基づいた墓の指定の動きがあったと推測する説がある[6]。

 

またその際には、

日本武尊墓(伊勢)

彦五瀬命墓(紀伊

五十瓊敷入彦命墓(和泉)

菟道稚郎子墓(山城)をして

 

大和国の四至を形成する意図があったとする説もある[13]。

 

 

能褒野王塚古墳 - Wikipedia

 

 

ヤマトタケルが全部のキーワード持ってる

 

 

 「能褒野古墳群」と総称される。

古墳群中で最大規模の本古墳は、かつて「丁子塚」と称されていたが、

これは前方後円墳の形状が

 

”銚子”

になぞらえられたことによる。

 

 

 

暗号

 

 

 

 

サリフ・ケイタに代表される卓越した歌の国で知られるマリ。そこに今でも息づくグリーオ(ジャリ)と呼ばれる世襲制の芸能集団の伝統。グリーオは無文字社会のアフリカにおいて歴史を語り、ことわざや教訓的な格言を歌い聴かせていた。ここで紹介されるマー・ダンバはマリでもっとも尊敬されているジャリ、ババ・シソコの娘であり、世紀最高のジャリムソ(女性グーリオ)の一人である、ファンタ・ダンバ(『マリの伝説』ライス SPR-1617)の姪にあたる。アレンジは現代的だがその声にマリの悠久の歴史を感じずにはいられない。