読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

榊 中村 大友 

 

榊(さかき)
坂城・神木・賢木・栄木等に通用。
古姓。
物象姓。


神職、神社関係に多く、
常陸(ひたち)、岩代などに名族がある。

安芸(あき)の厳島(いつくしま)神社の神主は

大友氏流である。

 

 

大友氏

大伴氏

おおとも

おおもと

 

 

 

 

 

 

 

”貞雄さんは本家の中村のところに来ていたんだよね”

 

 

 

 

 

大友氏の繁栄とウガヤ王朝との密接な関係・・・キーワードは「鉱山」 - ウガヤフキアエズ王朝実在論

 

 

 

 

八幡奈多宮 - Google 検索

 

 

奈多宮の全盛 | 八幡奈多宮 (大分県杵築市奈多)

奈多夫人・宗麟の正妻 | 八幡奈多宮 (大分県杵築市奈多)

 

 

宇佐氏 - Google 検索

 

宇佐氏 - Wikipedia

 

 

 

 

オオミワ

 

三輪

 

大神

 

大 → 木

 

(大)木 + 神

 

大神=木神=榊

 

だと思うんですけどね、、、、

 

 

 

大友氏 (古代) - Wikipedia

 

 

大友黒主 - Wikipedia

 

 

大伴黒主神社 - Google 検索

大伴黒主神社 / 富田林市山中田町--篝山観歩別館--

大伴黒主神社 大津市南志賀

 

 

 

 

榊佳之 - Wikipedia

 

佳之(さかき よしゆき、1942年9月9日 - )は、

日本分子生物学者豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授。

ヒトゲノム計画の日本代表として国際プロジェクトにも参画し、

ヒト21番染色体の全解読などに大きく貢献した。

弟の裕之は電子工学の研究者で豊田工業大学教授。

父の米一郎電子顕微鏡の研究者で名古屋大学名誉教授、

豊橋技術科学大学初代学長。

 

祖父の亮三郎仏教学者で京都帝国大学教授。

 

 

 

榊(さかき)

むかしむかし天照大神が天岩戸に隠れたとき、

天の香具山の榊と鈴を手にして、あめのうずめが岩戸の前で踊りぬいた。

大神をこの世に再びお出ししたときの榊や鈴は、大切な神器とされた。

以来、紀伊の国熊野の神官・鈴木氏はこのしきたりを受け継いで、

家紋に榊を用いている。

その同族である穂積、亀井、榊氏も用いたほか、

神職関係で多く用いるのは、神代以来の神木だからである。

 

きものと悉皆みなぎ/家紋図鑑 【榊(さかき)】

 

 

でもうちは丸に橘。