読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけうち=かわち?

 

 

 

 

 

 

 

竹内

武内

河内

 

 

 

竹内街道
 大阪府堺市から竹内峠を越えて奈良県當麻町に通じる街道。

その昔は、丹比道(たじひみち)と呼ばれた日本最古の官道でした。

言うなれば、日本で最初につくられた国道です。

丹比道は飛鳥の朝廷と難波の港を結ぶ613年につくられた大道で、

遣隋使や遣唐使とともに大陸より送られてきた使者を迎えるためにつくられました。

当時、摂政であった聖徳太子は大陸の文化に非常に興味を持っており、

この道を使って飛鳥に新たな文化を多くもたらしたそうです。

 

 

 

前にマイケルHOAX内にいた怪しい人物を

よく知ってるとかあったことがあるとか言う人の中に

マルタ島の人”がいた

その子は、マルタと日本は兄弟みたいなものとかって言ってたのを思い出す、、、

 

イタリアシチリア島の南に位置する。面積は316km2で、東京23区の面積622.99km2の半分の大きさである。

カルタゴ共和政ローマ時代に既に地中海貿易で繁栄し、その後一時イスラム帝国の支配に入ったこともある。それに抵抗して戦ったマルタ騎士団がこの土地の名前を有名にした。

小型犬マルチーズの発祥の地であり、マルチーズの名はマルタに由来する。

 

 

新石器時代から人間が生活していたといわれ、『カート・ラッツ(車輪の轍)』と呼ばれるレールのように平行に穿たれた二本の溝が島内各所に残る。この溝には水路説と神殿などに石を運ぶために出来た(あるいは造られた)レール説があるが、鉄道のポイントのように分岐点が所々存在する。 またジュガンティーヤ、スコルバ、タルシーン、ハジャイーム、(イ)ムナイドラの各神殿を始め多くの巨石文明の跡が残っている。

 

 

 

紀元前1000年頃、現在のレバノン一帯が起源とされるフェニキア人が渡ってきて支配者となる。

 

紀元前400年頃、カルタゴの支配を受け、その後ローマに支配されるが、その頃から既に地中海貿易で繁栄していた。

 

日本との関係

マルタ - Wikipedia

 

 

 

 

ジュガンティーヤ神殿 - Google 検索

 

ジュガンティーヤĠgantija)は、地中海に浮かぶゴゾ島にある新石器時代巨石神殿複合体である。その名称はマルタ語で「巨人の塔」を意味する。マルタにある巨石神殿群の中でも最古のものとされている。ジュガンティーヤの2つの神殿は新石器時代(紀元前3600年から2500年ごろ)に建設されたもので、5500年前からあり、世界的にも最古の宗教施設の1つと言える。周辺の類似の構造物と共に「マルタの巨石神殿群」として世界遺産に登録されている。

この神殿は豊穣神崇拝の場だったと見られている。考古学者らはこの遺跡で見つかった多数の小像や彫刻がその信仰と結びついていると考えている。ゴゾ島の伝承によれば、巨人がこれらの神殿を建て、礼拝所として使ったという[1]

 

ジュガンティーヤ神殿はシャーラ高原の端にあり、南東に面している。

この巨石記念物は実際には2つの神殿で構成されており、境界をなしている壁の中に2つが隣接して建っている。南側の大きな神殿の方が古く、紀元前3600年ごろまで遡る。また、保存状態もこちらの方がよい[2]。5つの大きなアプスがあり、石と石の間の隙間にかつて漆喰で壁面を覆っていた痕跡が残っている[3]

 ジュガンティーヤ神殿

 

内部は瓦礫で埋まっていたが、壁の内面を覆っていたブロックの位置から、

 

全体としてクローバー形の建物だったことがわかっている。

つまり、中心となる通路に半円形のアプスがいくつか繋がった建物である。

考古学者らは、アプスには元々屋根がかかっていたと信じている。

マルタの原住民には金属器がまだ入手できない時代、車輪ももたらされていない時代に建てられたと考えると、非常に印象的である。

小さな球形の石が見つかっており、

神殿建設時に巨石を運ぶ際のころとして使われたと見られている。

マルタの他の巨石神殿と同様、ジュガンティーヤ神殿も南東に面している。

南の神殿は6メートルの高さがある。

入口の巨石にはへこみがあり、

ここが施設に入る際の清めの儀式の場所だったという説もある[4]

5つのアプスにはそれぞれ祭壇がある。

動物の骨が見つかっており、動物を生贄として捧げたのではないかと言われている。

 

 

 

マルタの巨石神殿群はマルタ島内、ゴゾ島内で20世紀までに約30の巨石神殿が確認され、そのうち6神殿が世界遺産として登録された巨石建築物である。建造は紀元前4500年から前2000年頃とされている。1980年に世界遺産として登録されたのはゴゾ島にあるジュガンティーヤ神殿であり、現在のマルタの巨石神殿群という名称は1992年にマルタ島の5つの巨石神殿が追加されたことに伴い名称変更がなされたものである[1]

マルタの巨石神殿群 - Wikipedia

 

f:id:nowherenobody:20170331162136j:plain

 

 

f:id:nowherenobody:20170331162147j:plain

f:id:nowherenobody:20170331162244j:plain

 

 

f:id:nowherenobody:20170331162430j:plain

基盤式支石墓 - Google 検索

 

 

f:id:nowherenobody:20170331162334p:plain

黒又山 - Google 検索

 

 

 クロマンタの近くに大湯ストーンサークルがあります。

f:id:nowherenobody:20170331162315g:plain

 

 

鹿角市 - Wikipedia