読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aragami

ポンコツ映画愛護協会『荒神』

Aragami

 

 

 

 

荒神』:2003、日本

人里離れた山奥の古寺に、1人の落ち武者が矢で撃たれた仲間を連れて逃げて来た。そこに住んでいた女が扉を開けたところで、2人は 倒れて意識を失った。矢で撃たれていた方の侍が目を覚ますと、女の他に一人の男がいた。男は女に、食事の支度をするよう告げた。侍は 男と向かい合って食事を取る。全て食べ終わったところで、侍は自分を連れて来た友のことを尋ねた。すると男は、深手を負っていて 助からなかったこと、遺体は別室に安置してあることを語った。。


そこは住職のいない空き寺だった。人と接するのが苦手な男は、その寺で暮らしているという。女のことを尋ねると、男は口ごもりながら 「ワケありで、昔から住んでおるんじゃ」と言う。これからどうするのか尋ねられた侍は、遺体を田舎まで届けるつもりだと告げる。侍が 礼を述べて立ち去ろうとすると、男は「残党狩りに遭う危険がある。迂回をしようにも雨で土砂崩れが起きるかもしれん。今夜はゆっくり していきなさい」と勧める。「通夜にしよう」と促され、侍は男とワインを酌み交わした。


侍が異国の物ばかりが揃っていることについて尋ねると、男は寺に辿り着くまでに色んな場所を旅してきたことを告げる。日本らしくない 仏像は、彼が自分を模して彫った物だという。男は、その山に天狗がいるという言い伝えを教える。天狗というのは人が勝手に付けた 呼び名で、正式には荒神と呼ぶのだと彼は説明した。

そして彼は、自分が荒神だと口にする。

侍は「面白いことを言う人だ」と笑い、「仮 に天狗が現れても、アンタはかなり腕が立つとお見受けする。難なく退治できるだろう」と述べた。
男は侍に、「あれだけの深手を負う戦をくぐり抜けて来たんだ。今まで何人を斬った?」と問い掛けた。侍は「数を数えたことは無い」と 、少し動揺したように言う。

すると男は「自分が奪った相手の数、しかと受け止めるべきではないのか」と真剣な表情で告げ、「俺は今 まで794人。その一人一人の姿形、最後の表情まで全て覚えとるぞ」と言う。

侍は出発しようとするが、男は「なら、今ここで礼をして もらいたい。俺を殺してくれ。俺は荒神だが、長く生きすぎた」と述べた。


侍が相手にせず立ち去ろうとすると、男は「お前はもう、ここに来た時のお前ではない」と言う。彼は「お前が来たのは2日前。13ヶ所の 傷があり4本の矢が刺さっていた。それが今ではどうだ」と告げる。

男の言葉で、侍は自分の治癒に友の肝が使われたと知った。侍は激怒 して刀を振り回すが、あっさりとかわされ、受け止められる。男は「やはりお前は楽しませてくれそうだ」と余裕の態度を示した。


侍は「やかましい」と怒鳴って襲い掛かるが、男に腹を突き刺された。だが、男は「その程度では死なん」と軽く告げる。深く刺された はずの侍は、自分が無傷なのに気付く。

男は「だが、不死身になったわけではないぞ。首を斬られるか、心臓を突かれれば死ぬ」と言い、 「だが、そんなことより、とりあえず酒だな」と口にした。彼は女を呼んで酌をさせる。今度はロシアのウォッカだ。彼は「この女は腕の 立つ料理人なんだ」と、彼女が調理したことで肝が神秘的な薬になったことを告げる。


侍が「なぜ俺なんだ」と問い掛けると、男は「理由など無い。俺がお前を選んだ。それだけのことだ。お前は自分が死んで、あいつに 食われた方が良かったというのか。

友の死と共に幸運を掴んだことを喜べ」と語る。まだ侍は、相手が荒神であることを信じようとしない 。すると男は「俺もかつては自分が人間だと思っていた。

自分の強さを不思議に思っていたが、その名は天下に轟くようになった」と言う 。侍が名前を尋ねると、男は「宮本武蔵」と軽く答える。

侍は全く信じず、声を上げて大笑いした。


侍は「どうせ一度は死んだ命、やってやろうじゃねえか」と述べ、荒神と戦うことを承諾した。荒神は数々の刀を用意しており、好きな物 を選ぶよう告げる。

だが、鎖鎌を手に取ると「こんな狭い場所では不利だ」と言い、熊手や手裏剣を取っても文句を言う。結局、侍は刀を 手にした。

酒を飲み干した彼は、奇襲を掛けて荒神の左腕を斬り落とす。

だが、荒神は高笑いを浮かべ、左腕を繋ぎ合わせた…。

 

監督は北村龍平、原案は増本庄一郎桐山勲

脚本は北村龍平&高津隆一、プロデュースは河井信哉、

エクゼクティブプロデューサーは 三宅澄二、

プロデューサーは石田雄治&梅川治男、撮影は古谷巧、編集は掛須秀一、録音は岩倉雅之、照明は野村泰寛、美術は林田裕至& 安宅紀史、

VFXスーパーバイザーは田中敦彦、音楽は森野宣彦、

主題歌はPaul Gilbert「Maybe,I'll die tomorrow」。


出演は

大沢たかお加藤雅也、、魚谷佳苗、坂口拓

 

 

 

 

 

 

榊英雄